So-net無料ブログ作成

Siri、頑張る!泣ける洋楽ロック・・・(2) [Various Artists]

更新が遅れておりました。

僕は、バラードが好きなので、

ゴリゴリのハードロックがなかなか紹介されない、かもしれませんが、

今後は「デスメタル」も紹介する予定です。

デスメタル・・・不気味に聞こえるかもしれませんが、

簡単にだけ説明すると、「デスヴォイスを使用する(うなり叫ぶ歌唱法)」ロックです。



僕も本格的なデスメタルは得意としません。が、

「メロディック・デスメタル」なるものが存在しています。

これは、美しい。声がベースのような働きとなって、

メロディとして、曲を安定させています。いやー、音楽って、奥が深いですよね、

ジャンルを気にして好き嫌いを決めていたら、聞き逃すかもしれないですから。



で、肝心のSiriですが、けっこう頑張ってくれました^^

僕の知らない、でも、いい曲をセレクトしてくれる・・・

これだったら、YouTubeミュージック、要らないかもしれない・・・

ただ、アップルミュージックは邦楽に弱いです。邦楽が好きであれば、YouTubeミュージックでしょう。





10 Years 「So Long Goodbye」

アメリカで1999年に結成されたロックバンドですが、大きくヒットしていません。ですが、ギターとボーカルの声で、すでに泣きそうになります。

アマゾンでCDで探すよりも、アップルミュージックの方が良いと思います。



このアルバムの「Beautiful」も、よいバラードだったので、貼っておきます。
こちらはヒットしていますね。









Disturbed「Sound Of Silence」
言わずとも知れず、サイモン&ガーファンクルの名曲のカバーです。
https://love-music-03s.blog.so-net.ne.jp/2018-11-13(サイモン&ガーファンクルのまとめ)
ハードロックで、これをカバーすると、重々しい、でも深い、なにかじーんと来るものがある。
おまけに、最後にかけての高揚感。。。さすがです。。。

Disturbdは、2000年にアルバム「The Sickness」をリリースした時点で、400万枚以上のセールスを上げた、モンスターバンドのようです。
ただ、評価が高いのは、3rdの「Ten Thousand Fists」のようですね。
アップルミュージックにないので、購入検討中・・・

ちなみに、こちらの曲は、Disturbedが再始動して出したアルバム「Immortalized」で収録されています。


Immortalized [12 inch Analog]

Immortalized [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Reprise / Wea
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: LP Record








The All-American Rejects「It Ends Tonight」
なんと、デビューは高校生の時。1stでもそれなりに成功しているのですが、
彼らのダブルプラチナとなったアルバムが2ndの「Move Along」(2005年)。
ポップロックでジャンルされているんですが、どうでもいいですね。ピアノの旋律、ギターの響き、はかなげな若気のある声。泣きです。


Move Along

Move Along

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Interscope Records
  • 発売日: 2005/07/12
  • メディア: CD








Nickelback「Lullaby」
個人名かと思ったのですが、カナダを代表するロックバンド、ニッケルバック。
1996年から活動していますが、すごいのは3rdの「All the Right Reasons」全米だけで
1000万枚、売り上げてる。
メロディ聴けばわかるか。しんみり。


ザ・ベスト・オブ・ニッケルバック・ヴォリューム1(初回限定ベスト・プライス盤)

ザ・ベスト・オブ・ニッケルバック・ヴォリューム1(初回限定ベスト・プライス盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: CD








僕も大好き、Simple Plan「Perfect」
で、あえてアコースティックにするところに、泣きの要素があります。
カナダのバンド。実質は2002年からデビュー。
彼らのすごいところは、チャリティ団体「Simple Plan Foundation」を設立し、チャリティ活動にも活発的に取り組んでいるところ。

東日本大震災の時もチャリティを行い、Tシャツの売り上げ、1千万ドル、全額を寄付したそう。





⑥ 


Pink Floyd 「Wish You Were Here」
プログレッシブロックの大御所、ピンクフロイド。
Siriは最後にどうも大物を持ってくる。

そして、曲は「ただ、あなたに、ここにいてほしい」と。
いろいろと含みはある曲ですが、歌詞の内容、曲ができた背景を知れば、本当に泣いてしまうかもしれません。

ただ、あなたに、ここにいてほしい・・・


炎~あなたがここにいてほしい(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

炎~あなたがここにいてほしい(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: CD




余韻に浸るために、もう一曲。



Pink Floyd 「Hey You(邦題)」
曲の解釈は、聴いた方にお任せします。もともと「The Wall」という2枚組コンセプトアルバムのうちの1曲。なにか、寂しさ、孤独を感じさせませんか?


ザ・ウォール(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

ザ・ウォール(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: CD





つらい時、明るい曲を聴けばいい、というわけでもなく、

おなじカラーの曲で共感したい、ということもありますよね。

僕は、どちらかというと、つらいときはこんな曲か、バラードを聴いてしまいます。



でも、Siri、いい選曲をありがとう^^

IMG_1906.PNG


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(142)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 142

コメント 6

coco030705

Disturbed「Sound Of Silence」がすごいですね‼ 全く違う曲に聞こえます。迫力がすばらしい!でも、ヴォーカルの人の、あごのところの輪っかが痛そう。(笑)
Nickelback「Lullaby」は好みの曲ですね。いいなぁー!
Simple Plan「Perfect」も素敵です。それに、東日本大震災のときに、そんなに寄附してくださったとは、感激ですね。そんなこと、ちっとも知りませんでした。日本政府、もっとアナウンスすべきですよね。(-_-;)
Pink Floydは聴きやすいですね。レトロ感があるというのか。名前だけ知っていて、ちゃんと聴いたことはなかったです。
名曲を聴かせていただき、ありがとうございました。
それにしても、Siriは、お礼を言われて「とんでもないです」と返せるなんて、たいしたもんですネ。



by coco030705 (2019-01-11 21:18) 

ケイkei

coco030705様
ここまで、しっかり曲を聴きこんでくださると、ブログを書いたかいがあったというものです。本当に、ありがとうございます。
ここに出てくるバンドの多くは、僕の未知のものです。
「Pink Floyd」は1967年デビューで、僕が興味を持つ以前に生まれていません。
が、Siriのおかげで、こんなすごいプログレバンドがいたんだ、と。
プログレといえば、「Dream Theater」だったのですが、この時代に、この完成度の音楽を作り上げていた彼らに脱帽です。
また、これだけの新星バンドの実力を軽視していました。音楽は、常に進化している。Siriさん、ありがとう、ですね^^
by ケイkei (2019-01-12 22:31) 

Kuroco

初めまして!niceから来ました。
ピンクフロイドは懐かしいですね。
どっちかというと1980年代のハードロックやデスメタルの方が好きな人間ですが2000年超えたあたりからなんとなく新しいバンドとか聞く気がなくなってしまい、古いバンドの好きな曲で止まってました。
こちらにきて聞かせて貰って新鮮な感じです。
ハードロックとか好きと言いつつ、あの癒やしのサウンドのサイモン&ファーファンクルも実は好きなんですが、Disturbed「Sound Of Silence」はいいですね。
MTV引いてた頃が懐かしくなりました。
また寄らせていただきます(^▽^)
by Kuroco (2019-01-12 22:53) 

karasu

チャドの歌声は代えの無い貴重な声。だと思っているので、
Siri、なかなかいいチョイスするなぁw
と、思わず書き込ませていただきました。

by karasu (2019-01-13 15:46) 

ケイkei

Kuroco様

ブログの更新が遅れていますが、今日明日には上げようと思っています。宜しくお願い致します。
昭和世代になってくると、家庭をもち、仕事も忙しく、音楽を楽しむ時間がなくなり、2000年くらいのロックの流れが、止まってしまっている方も多いのかな、と。
私もそうです。
ブログを書くことで、また新たに発見をしているところ。どうぞお付き合いください。懐かしいだけでなく、今の音楽シーンも楽しみましょう^^
by ケイkei (2019-01-14 14:33) 

ケイkei

karasu様
チャド、といえば「ニッケルバック」のボーカルでよろしいですかね。チャド・クルーガー。
この「ララバイ」だけではないですね、泣けそうなバラードは。早速、ベストをダウンロードしました。また、個々のアルバムも聴いてみて、彼らはさっそく記事にしたいと思います。
ボーカルの渋い、かすれたトーン、僕も好きですね。
また遊びに来て、いろいろ教えてくださればと思います。
by ケイkei (2019-01-14 14:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます