So-net無料ブログ作成
DEF LEPPARD ブログトップ

片腕をなくしても打ち続けるドラマー DEF LEPPARD「HYSTERIA」(1) [DEF LEPPARD]

DEF LEPPARD(デフレパード)から、すごいアルバムが出ていたらしい。 「HYSTERIA(ヒステリア)」っていうんだが、一度、聴いてみろよ。



…これを、だれから教わったか、覚えてはいません。

ただ、僕が洋楽ロックに入ったのは中学3年くらいからで、ヒステリアは1987年の作品。

さすがに小学生で洋楽にはまるほど、ませてはいませんでした。

僕が、最初に聞いたデフレパードのアルバムは「ADRENALIZE(アドレナライズ)」で、それを購入した際の、さらに僕よりませた友だちから聞いたことでした。

アドレナライズも衝撃的で、でも、この一つ前の作品から、デフレパードのドラマーは片腕を失った中で、ドラマーとして活動を続けている、と。

片腕のないドラマー?

じゃあ、このアドレナライズも片腕なしのドラマーが?嘘だろ?

正直、ハードロック、ロックの中でのドラムは「激しい」もの、という先入観がありました。

でも、確かに、アドレナライズ、ハードロック?というような、しっとりとした感じを受けていたのも事実です。

これは、ヒステリアも聴いてみなければ・・・

ここで現代と当時の違いと言えば、「簡単に試聴ができない」ということです。

レンタルすれば・・・

僕の記憶が正しければ、80年代のロックなどの洋楽CDは、ほとんどお店に置いていなかった、レンタルされていなかったということ。

買うしかなかった。

これが、当時の僕としては痛かった。2か月分のこずかいが飛んでいく・・・

おまけに、試聴なしで買うわけですから、半端なくリスキー。

それをしている僕も、当時から頭がおかしかったんですね。

で、買いました。




HYSTERIA [3CD] (DELUXE 30TH ANNIVERSARY)

HYSTERIA [3CD] (DELUXE 30TH ANNIVERSARY)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MERCURY
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: CD





まぁ、アマゾンのものはリマスターや記念盤ですが、僕のものは紙ジャケ、日本語解説のみの、まぁシンプルなものです。

デフレパードは、ゴリゴリのハードロックを期待すると、肩透かしです。「上質のミュージック」ととらえると、これはまさしく名盤です。

「1曲1曲がシングルカットされてもいいような出来」

と、当時では形容されていましたが、同感です。

このアルバムは、アメリカとイギリスのアルバムチャートで、同時に1位になり、アメリカだけで1200万枚以上を売り上げた、まさしくモンスターアルバムです。

シングルカット、と言いましたが、アメリカでは「Women」がシングルカットされています。




アメリカでは「Animal」がシングルカットされました。




Womenでは、ドラマーがチラッと見えます。

彼がドラマーのリック・アレンですね。

バイク事故で左腕を失ったとか・・・

生きていてくれただけでも、と思いますが、そこから、まだ、ドラムを打つ決意と、それを支えるメンバーの想いは、何かしら、心を打たれます。

このアルバムの中盤のキー曲は「Love Bites(ラブバイツ)」だと思っています。




ちなみに「Love Bites」とはキスマークのことらしいのです。

愛のすれ違いを歌っている、だいたい、このような沁みる曲というのは、「失恋」を題材にしていることが多いのですが、

そうだとわかっていても、僕は時々、この「Love Bites」を聴きたくなるんですね。

心の渇きを潤す意味で。しっとりとね。

そして、アドレナライズに続くのですが、

このバンドには、さらなる試練が訪れていたんですよね...それは、また。



ちなみに、僕は「Rocket」が好きですね。



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
DEF LEPPARD ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます