So-net無料ブログ作成
Royal Hunt ブログトップ

キーボードの様式美 Royal Hunt (1) [Royal Hunt]

10月後半です。

寒くなってきました。

その寒さに似合う、美しいハードロックの紹介です。

1993年にデビューアルバム「Land of Broken Hearts」を世に出したRoyal Hunt(ロイヤルハント)。



ランド・オヴ・ブロークン・ハーツ

ランド・オヴ・ブロークン・ハーツ

  • アーティスト: ロイヤル・ハント
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2008/09/24
  • メディア: CD





ギター主流のロックから、キーボードを軸にしたデンマークのメタルバンドが登場した。

メインは、ギタリストでキーボーディストのアンドレ・アンダーセン。

この旋律を聴いたときに、僕はロックと他の音楽との境界線を見失う。


「Running Wild」




若干、音が小さいので、音量を上げて聴くことをお勧めします。

このアンドレ。5歳から音楽学校へ通い、クラシックを学び、5年のカリキュラムを3年で終えてしまったそうだ。

このキーボードが常人を越えているように聞こえるのも頷ける。

この1stアルバムの中で、一番のおすすめなのが、「Flight」。ただ、公式がなかなかない。




うーん、この時点で4000viewしかない。もっと迫力のある音がないのか。

で、彼らではないのですが、キーボードをしっかりコピーされているYou Tuberさんがいましたので、そちらも載せることにしました。

「flight キーボードカバー」




CDで聴けば、ほぼ、このような旋律になっているのは実感できると思います。

でも、彼女、本当に上手いですね。びっくりです。



あとは。このアルバムの「トリ」といってもいい、「Kingdom Dark」でしょうか。




ゴシック調の様式美が伝わってくるような気がしませんか?

今後、彼らは、D.C.クーパーというボーカリストを得て、パワーアップして帰ってきます。

次回の紹介は、3nd「Moving Target」です。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
Royal Hunt ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます