So-net無料ブログ作成

ドリル奏法!?MR.BIGについて語ろう。(1) [MR.BIG]

少し、メジャーどころが続いているかな、と思いつつ。

「DAMN YANKEES」をまとめたので、触れるのにはちょうどいいかな、と。


僕が彼らを知ったのは、1993年の3rdアルバム「bump a head」の時。


Bump Ahead

Bump Ahead

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1993/09/17
  • メディア: CD




1990年代というのは、グランジ、オルタナティヴというロックミュージックの流れが強くなり、

メロディ重視の正統派のヘビーメタル、ハードロックがヨーロッパやアメリカ、

ことにアメリカで売れない、という状況が起きていた時代。

だから、旧来からあるヘビメタ雑誌「BURRN!」は、その流れをことごとく叩いていて、その当時は僕もそうだと思っていました。

この「bump a head」も、アメリカでは82位止まりだったようですが、

日本での人気は、あの「Bon Jovi」と同レベルに高く、メディアにもよく露出していて、ハードロックのイメージの払拭へ、若干、貢献してくれました。

まだまだ、ヘビメタと聞いて、不良や「北斗の拳」をイメージする方が多いの何の。

いや、北斗の拳は大好きですよ。


まず僕が最初に彼らに惹かれた曲、「bump a head」より、「colorado bulldog」を。




DAMN YANKEES 同様、王道のアメリカンロックバンドです。

殊、日本での人気は絶大でした(今でも、ですね)。



それは、シンガーのエリック・マーティンのボーカルテクニックが絶妙だったことに加え、

他バンドで実力を蓄えていたメンバー、

ギターのポール・ギルバート、ベースのビリー・シーン、ドラムのパット・トッピー(前記事のインペリテリでのドラム経験あり)、

彼らが揃いに揃っていたことも大きかったのではないでしょうか。


さて、「ドリル奏法」ですが、

彼らが全米で15位になった2ndアルバム

「LEAN INTO IT」に収録されている

「DADDY, BROTHER, LOVER, LITTLE BOY」で披露されています。



2:18辺りから、演奏されていますね。

日本の「マキタ」製のドリルを使用されていて、

当時は雑誌のプレゼント企画に、メンバーのサイン入り「マキタドリル」ピック付きがあったくらいです。

もらっても、演奏できないっすわ。

オークションで流れていないかな?と思って調べましたが、

ありませんでしたね。誰が持っているんでしょうか、サイン入りドリル。


そして、彼らの魅力を最大限高めるのが、心に響くバラード。

「TO BE WITH YOU」は、世界20カ国以上で1位を獲得した曲。僕が言及するまでもありません。



こちらは1991年の「LEAN INTO IT」に収録されています。


Lean Into It

Lean Into It

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1994/07/13
  • メディア: CD



ついでに、もう一曲。「bump a head」より、「wild world」




僕はwild worldの方が心にしみるのですが、皆さんはいかがでしょうか?


MR.BIGは、ハードロック不況の時代にスーパスターとして現れましたが、1999年、ポールの脱退、

2001年にビリーの解雇と続き、

その年に解散となります。


ですが、2009年にオリジナルメンバーで再結成。

残念ながら、パットは2018年にパーキンソン病により亡くなってしまいますが、

彼らは、まだ活動を続けています。

僕の中では、MR.BIGは、いまだスーパースターですね。ドリルも含めてw

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます