So-net無料ブログ作成
SIMON & GARFUNKEL'S ブログトップ

もう教科書にないらしい、コンドルは飛んでいく(SIMON & GARFUNKEL'S) [SIMON & GARFUNKEL'S]

仕事柄、子どもたちと接する機会が多いのですが、

今の子どもたちに聞くと、「コンドルは飛んでいく」は、

小中の音楽の教科書には、もう載っていないようです。


ええええええ?

でした。

アップルミュージックのおかげで、ジェネレーションギャップは埋めているつもりでしたが、

「聴いたことがない」

そうです。。。

僕らは、あれだけ、リコーダーで練習させられたのに・・・


まぁ、彼らは1970年には解散しているわけだし、

僕も生まれていない。

平成生まれ、平成育ちの方には、本当に知らない方も多いんだろうなぁという、

SIMON & GARFUNKEL'S(サイモン アンド ガーファンクル)


僕が持っているのも、グレイテストヒッツだけですが、

これを買ったきっかけは、音楽の教科書に載っていたからで、

コンドルは飛んでいく、だけでなく、

「スカボロフェア(SCARBOROUGH FAIR)」も当時は教科書に載っており、

音楽室で聴いて、繊細な声とコーラスに感動して、興味を掻き立てられたものです。


彼らの代表曲から、4つ、

THE SOUND OF SILENCE
SCARBOROUGH FAIR
EL CONDOR PASA(コンドルは飛んでいく)
BRIDGE OVER TROUBLED WATER(明日に架ける橋)

探してみたんで、聴いてみましょう。










もし、平成生まれ、平成育ちの方で、このミュージックに惹かれた方、いいじゃん、と思われた方、

よければ、足跡を残してください、センスがありますwww

うそですw 音楽を、「いい」、と思う気持ちは、センスではないですよね。

もちろん、昭和生まれの方にも、懐かしいはずです。


僕としては、

聴いていただけるだけ、ありがたいです^^




サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ

サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: CD




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽
SIMON & GARFUNKEL'S ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます