So-net無料ブログ作成

解散撤回!?渋すぎる英国ロック Thunder(サンダー) [THUNDER]

解散していたわけではなかったのですか?

どうも、ブログを書いていて、バンドの詳細を調べるにつき、

いろいろ、自分が知らなかったことが出てきます。


多いのは、訃報。悲しいかな、月日は経っているものです。

次に解散。まぁ、月日は経っていますから。

で、次にメンバー交代かと思いきや、解散の撤回。

おいおい、じゃ、すんなよ!!

と思いますが、売れれば、やっぱり撤回したくなるものですかね。

あのスコーピオンズも、2010年の「Sting in The Tail」で解散、のはずが、結局の撤回。


で、僕は、この「Thunder」も、2009年に解散して、ボーカルのダニーもシンガーをやめると言っていたのに、

情報を収集すれば、2010年には、ダニーのシンガー引退宣言も撤回されていて、

2015年には「Wonder Days」というアルバムまで出しているではないか!!


嬉しいことなんですが、できれば、解散せずに、継続していただきたいものです。

ファンとしては、一度解散されると、心が折れるんですよ。

再結成で燃え上がるんですが。


今回は、僕が唯一持っている4thアルバム「the thrill of it all」から、

渋いバラードを2曲、紹介します。


実際、サンダーは3rdアルバムが名盤だとされているのですが、

どうも僕は、いつものごとく、試聴して衝動買いをしているようです。

3rdに負けず劣らず、聴き飽きない、上質なメロディラインになっています。


にしても、僕が20歳の時、1996年のアルバムですから、

聴けばわかりますが、僕が相当に「渋い」趣味をしていたのかな、と。

Love Worth Dying For
You Can't Live Your Life In the Day





ね、渋いでしょ。

でも、ジーンと来るものがあるんですよね。

昔のサザンの曲を聴いたときに近いようなもの、でしょうか。


ついでですが、3rdアルバム「Behind Closed Door」から「Castles in the sand」という、いい感じのバラードが流れていましたので、貼っておきます。



彼らも、ヨーロッパやアメリカのマーケットよりも、日本で売れたバンドのうちの一つです。

このような、哀愁を帯びたメロディに、日本人は弱いのかもしれません。


Thrill of It All

Thrill of It All

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Castle Music UK
  • 発売日: 2015/08/14
  • メディア: CD




Behind Closed Doors

Behind Closed Doors

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Import
  • 発売日: 2010/02/22
  • メディア: CD



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます