So-net無料ブログ作成
Led Zeppelin ブログトップ

レッド・ツェッペリンとNUMBER(N)INEと天国への階段 [Led Zeppelin]

今から13年前、

まぁ、15年前、とでも言ってもよいでしょうか。

僕には、ファッションに傾倒していた時期があります。


エディ・スリマン時のDior Homme(ディオールオム)
Raf Simons(ラフシモンズ)
COMME DES GARCONS(コムデギャルソン)
JHON GALLIANO(ジョンガリアーノ)
KRIS VAN ASSCHE(クリスヴァンアッッシュ)
ALEXANDER McQUEEN(アレキサンダーマックイーン)
DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)


どれもハイブランドで、買って着る、というものでは、

庶民の私はとてもとても・・・

「gap PRESS」という雑誌を読んで、近くに試着のできる旗艦店があれば、

立ち向かう、といった感じで。試着、試着、試着、でしたね。


で、そのころ、ひときわ人気を博していたJapaneseブランドが、

NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)

パリ・コレクションでランウェイを続け、2010年AWを最後に、ブランドを解散してしまいました。


デザイナーの宮下貴裕は、今でも独創的なファッションデザインを、自身のブランド「soloist」で展開していますが、

その宮下が、NIRVANAを軸として、音楽に精通していたこと、

音を感じさせる服作りをしていたことで、

ロックが好きだった僕自身も、彼の服の虜になってしまいました。

Japaneseということもあり、敷居が低かったのでしょうか、

いや~、何着、買ったことか・・・


自分が病気で倒れた際に、何着か売ってしまいましたが、まだ現役で、着たり、クローゼットの中に眠っていたりします。


そして、このブランドが、初めてパリコレクションにランウェイした際の2005年のSS、

バックに使われたのが、Led Zeppelinの「STAIRWAY TO HEAVEN」、天国への階段でした。

これは、当時の貴重なランウェイが、YouTubeではないところで見つかったので、貼っておきます。

NUMBER (N)INE 2005SS Paris


Number (N)ine S/S 05 Night Crawler from Felix R. on Vimeo.



この時に、初めて僕は「Led Zeppelin」の曲を知ることになりました。

バンド名は聴けど、曲は知らず、でしたから。

この「天国への階段」を含むアルバム「Ⅳ」は、1971年の作品であり、

まぁ、生まれていないですし、

ですが、曲を聴くと、耳から離れないメロディ、なんとも儚げな気分にさせられます。

Stairway To Heaven



僕は、まだツェッペリンのアルバムを通して聴いていないので、偉そうに語れないのですが、

彼らがハードロックを確立し、伝説を残したというのは、

まんざら言い過ぎでも誇張でもないようです。


時期を置いて、じっくり、彼らの作品を通して聴いてみたいと思います。



レッド・ツェッペリンⅣ<2014リマスター/デラックス・エディション>

レッド・ツェッペリンⅣ<2014リマスター/デラックス・エディション>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: CD



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
Led Zeppelin ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます