So-net無料ブログ作成

僕は、誰もやっていないことをやる。GOTTHARD(HOMERUN)より [GOTTHARD]

久しぶりに、スイスの英雄的バンド「GOTTHARD」のアルバムを聴きました。

僕の好きなアルバムで、「HOMERUN」という、

彼らの2001年に出した5thアルバムです。


彼らのメインボーカルであった、スティーヴ・リーは、2010年に、バイクのツーリング中に事故に巻き込まれて亡くなっています。

すでにボーカルは変わり、また素晴らしいアルバムを出し始めているようですが、

僕が彼らを好きになったきっかけのアルバムが、この「HOMERUN」です。


全般的に、捨て曲がない、というのは、僕の常用文句となってしまいました。

日本では、いまいち売れていない彼ら。知らない方も多いでしょう。

「もし彼らが80年代に現れていたら、Bon Joviと同様の成功を収めていただろうに」

と、ファンの一部は言っています。

それほど、純粋なハードロックで、魅力はスティーヴの幅のあるボーカルと、美しいバラードにあるのではないか、と。

このアルバムの中では「Heaven」がいちばん売れた曲のようですが、

僕は歌詞も含めて、「HOMERUN」が大好きです。



歌詞では、1塁からホームまでを人生になぞらえています。


1塁では、空しい人生を歩んでいる自分。信じられるものがない自分自身。

2塁では、空に城を建てた空想を抱いた自分。何も手に入らない空しさと、その空しさを受け入れた、自分自身。

3塁では、失恋から立ち直ろうとする自分。立ち直ろうとすればするほど、愛の尊さに気づく自分自身。

ホームでは、音楽に出会い、不自由で不安な日常から、現実を見つめた時に、やっと目標を見つけた自分自身。


僕は、この曲を、国家試験を受ける、受けられる最後の年あたりに聴いていた記憶があります。

叶わなかった夢、弁護士になると決めた、その勉強の最中にも。

僕が受験を諦めた次の年、司法試験は、法科大学院制になってしまい、受験すらできなくなってしまいました。

そして、今の僕がいます。

夢の続き


nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます