So-net無料ブログ作成
SIXX:A.M. ブログトップ

Christmas in hell...ドラッグの経験を音楽で晒す ザ・ヘロイン・ダイアリーズ [SIXX:A.M.]

クリスマスイヴの夜に首を寝違え、

どうも痛くて仕方がない。。。サンタさん、これが僕へのプレゼントですか?



さて、こちらは、クリスマス前後に紹介しておこうと思っていました。

ニッキー・シックス、元モトリークルーのベーシスト。

彼は、1986年12月23日にドラッグのオーバードーズ(過量摂取)により、心肺停止、

クリスマスには生死をさまよい、

何とか命をとりとめた、

そんな彼の自伝。「The Heroins Diaries」


ニッキー・シックス ヘロイン・ダイアリーズ

ニッキー・シックス ヘロイン・ダイアリーズ

  • 作者: ニッキー・シックス
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック
  • 発売日: 2008/09/30
  • メディア: 単行本




SIXX:A.M.『ザ・ヘロイン・ダイアリーズ~10周年記念盤』【初回限定盤CD+ボーナスDVD(歌詞対訳付き/日本語解説書封入/日本語字幕付き)】

SIXX:A.M.『ザ・ヘロイン・ダイアリーズ~10周年記念盤』【初回限定盤CD+ボーナスDVD(歌詞対訳付き/日本語解説書封入/日本語字幕付き)】

  • アーティスト: ニッキー・シックス,DJ アシュバ,ジェイムズ・マイケル
  • 出版社/メーカー: ワードレコーズ
  • 発売日: 2017/10/27
  • メディア: CD



彼のメッセージには、

「俺のようになってほしくない、薬に手をだすな、命が美しく尊いものだと分かってほしい」

と言わんばかりの破滅的、自虐的なストーリーが語られています。


実は、こちらは、彼の自伝「The Heroin Diaries」のサウンドトラックとして作られています。

リアルにぶっ飛んでいます。彼の人生の幼少期も、モトリークルー期も。

だからこそ、彼の著作には、それなりの批判があります。



・麻薬に手を付けたことを美化するな

・過ぎ去った日々を美しく書きすぎている

・「(著作が)麻薬中毒者への解毒剤になると気づいた」なんてのは、自分勝手な解釈。



ですが、音楽作品として、このサウンドトラックがついてくれることで、

1つの映画のようなストーリーとして、聴き手にメッセージを届けてくれるもの。

僕はそのように感じました。


そのきっかけ、序曲

Christmas In Hell



1986年12月25日ヴァン・ナイズにて
メリークリスマス…
人がクリスマスに交わす挨拶だろ?
だけど普通は交わせる相手がいるんだ。
友達や家族がいて
ヴァン・ナイズの豪邸にいる
気が狂ったように腕に針を入れたまま
裸でクリスマスツリーの下でうずくまってない奴のはずだ
頭がおかしくなっていなくて
日記も書いていないだろう
それに絶対にクリスマスの気分を
スプーンで凝固していくのを見ながら味わう訳もない
今日は誰とも会話をしなかった
人のクリスマスを台無しにしたくないと思ったからだろ?
新しい理由がいくつかできたから新たに日記に書き始めた
1つ目:もう友達が残っていないから
2つ目:前の日に何をしたのか覚えていられるように
そして3つ目:俺が死んだとしても自分の人生の遺書を残していけるから
俺とお前だけだよ、ダイアリー…俺の醜い人生へようこそ…


Ⅴan Nuys



ヴァレイで死にたくないよ
運命が変わるのを待っているんだ
俺がやっとうまくいったことを親父に知ってもらいたい
人はみんなハイになり
人はみんな気分が沈む
人はみんな傷つき
人はみんな夢中になる
ヴァレイで死にたくないよ
嘘はつかなくてもいい、そうなるってわかっているから
自分の人生を一度も好きになったことがないと母親に
知られたくない
俺は魂を売り渡してしまった…



Life Is Beautiful




試すまではやめられない
死ぬまでは生きることができない
嘘がつけるようになるまで
真実なんて語れないんだ
息が詰まるまで呼吸ができない
自分が笑いものになっている時は笑うしかない
葬式ほど自分を元気づけてくれるものはないよ
目を開くんだ
目を開いてみるんだ
命はこんなに美しいんだよ
自分の命に誓ってくれるか
誰も俺の葬儀で
涙を流さないと



Tomorrow



明日は何処にいるんだ?
どうやって悲しみと向き合うんだ?
死ぬときは何処にいるんだ?
永遠なんて存在しないよ
季節と同じように何もかも変わっていく
瞬きをした瞬間に消えてしまうんだ
自分を見てごらん
自分が何処にいるか分かるか?
自分を見るんだ
もう傷跡さえ隠せないじゃないか
自分を見てごらん
行く当てなんてない
そしてお前はそれを分かっている
明日…



Accident Can Happen



諦めるな
時間がかかるものだよ
こんな表情は見たことがない
大丈夫だよ
お前は独りなんかじゃない
これがもう好きではないなら
またしくじったと聞いた
お前には友達が必要だから俺はここにいる
事故は起きるものだ
誰だって禁酒を破ったりする
一生ずっとじゃないだろ
1日だけなんだ
全てを台無しにしたわけじゃないよ
時間をかけて
呼吸することを覚えるんだ
その意味を覚えていてくれ
生き返った気分になること
信じること
お前が見える物以上のものがあるから…



Girls With Golden Eyes



全てうまくいくよ
全て平気になる
彼女(ヘロイン)から離れて
自分の価値のない命を救いさえすれば

1日目:
ドラッグフリーだ。
今日、クリニックに行って初めてメタドンをもらった
ドラッグを切らしたから道具を全部捨てた

2日目:
ジャンクなしで2日も過ごせたなんて信じられない
ヘロインは最悪だ…人の人生をめちゃくちゃにするんだ
最初は優しいけど目を覚ました時、横に怪物がいる

3日目:
3日間何もやっていない
禁断症状で死にそうだ

4日目:
クリニックに行くのは今日で最後
体中が粉々に砕けているような気分だ
弱って言葉なんて俺の今の気持ちは言い表せていない

5日目:
ひどく気分が悪い
一握りの痛み止めと
ウィスキーをガンガン飲めば乗り越えられる

6日目:
自由にやらされたら俺は気がくるってしまう
ヘロインは2度とやらない

7日目:
クリーンになれたなんて信じられない

8日目:
みんな俺の顔色が良くなったと言っている

9日目:
寄生虫どもが焦りだしている

10日目:
俺がまだ生きていることに驚いているみたいだ

全てうまくいくよ
全て平気になる
彼女(ヘロイン)から離れて
自分の価値のない命を救いさえすれば



Courtesy Call



お前は俺を見つけたけど
俺には何が言いたいのかわからない
神は偉大だとか良いものだとか
でも神は俺を助けようとはしなかった
愛がゆっくりダンスしながら過ぎていく

これはただの挨拶にすぎない
ただの方針だ
ただの親切な行為なんだ
お前の人生の終わりだって知らせるために
これはただの挨拶にすぎない
ただの方針だ

ただの親切な行為なんだ
お前の人生の終わりだって知らせるために…




ニッキーには、作詞、私的な才能があるのだと思います。

そして、それらを結ぶミュージックも、その言葉を照らす要素として、

1つのノンフィクションの物語を作り上げてしまった、

ある意味、究極のコンセプトアルバムかも知れません。




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(45)  コメント(2) 
SIXX:A.M. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます