So-net無料ブログ作成

2018年を静かに想う ZAZ モンマルトルからのラブレター [ZAZ]

もう2018年、12月30日となりました。

31日に見ている方もいるかもしれません。年末はいろいろと特番していますから。

2018年は、いろいろありました。

僕がオーバーワークになったこと、起業を決意したこと、診断書を出したこと、

そして、いろんな方との出会いがありました。


人との出会いが、人生を変えていく。

僕は、2018年、大変でしたが、「出会い」に関しては、本当に感謝しています。


さて、ロックがテーマのこのブログですが、

今日は、少ししっとりして、2018年の余韻に浸りたいと思い、

「ZAZ(ザーズ)」を取り上げることとしました。


ボーカルのイザベラは、音楽学校を出てのち、

2002年にドン・ディエゴというラテン・ロックバンドに22歳で入団。

その後、4年活動するも、彼女は、パリに身を移して、キャバレーなどで歌い始めたそうです。


ロックバンドでの経験、キャバレーでの様々な生い立ちの人たちとの出会い。

そして、さらなる刺激と飛躍を求めて、イザベラは路上で歌うことを決意し、

その歌唱力の高さから、知名度を高めていったようです。


路上で歌いながら、多くの人とのつながりを得て、多くのフェスにも参加し、

結果、CDの作成にこぎつけた。

それが、これから紹介する1stアルバム、邦題は「モンマルトルからのラブレター」です。


モンマルトルからのラブレター

モンマルトルからのラブレター

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: リスペクトレコード
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: CD




僕が紹介するにしては、比較的新しい、2010年のものですが、

このアルバムができるまで、彼女は8年も費やし、モンマルトルでの路上ライブを続け、

多くの人とつながり、信頼を得、実力をつけてきた、

この作品は、彼女の最初の集大成、なのではないでしょうか。


「人とのつながり」

僕は、今日はこちらをキーワードに、彼女の曲を紹介したく思います。



まずは、アルバムの中で最も評価を受けた曲の1つ
Je passants(私の欲しいもの) ラテンのリズムが心地よい。




Le long de la route(人生の旅路) 再生回数はこちらの方が上でしょうか。




で、アルバムの1曲目、オルゴールの始まりが心地よい
Les passants(通行人)



その、路上ライブバージョン




美しいバラード
Port Coton




アルバムの最後を飾る、力強いバラード
Eblouie par la nuit(眩しい夜)





「人とのつながり」を大切に、そこからの縁と、そこで得た実力と自信を糧に、

フランスを代表するアーティストとなった、ZAZ。

2019年、僕はこれからも、「人とのつながり」を大事に、その縁を大事に、

自分の道を歩んでいく。




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(34)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます