So-net無料ブログ作成
SUGARCULT ブログトップ

SUGARCULT、いいバンドだと思うんだけどな。 [SUGARCULT]

どうも、アメリカのマーケットは特殊なようで、

ファーストインパクトに欠けると、

そのマーケットではヒットが出せないようです。


僕は、たぶん、彼らのことをさほど知らずに、現在、彼らの最終アルバムとなっている

「LIGHTS OUT」(2006年)

を購入したんだと思う。当時、30歳。


惹かれたのは、まず、ただ者ではない感のあふれる、妖艶なジャケット。


ライツ・アウト

ライツ・アウト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: カッティング・エッジ
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: CD



そして、パンクとグランジ・オルタナ感のある音楽。

どことなくニルバーナに似ていて、
https://love-music-03s.blog.so-net.ne.jp/2018-11-12

どことなくグリーンディに似ていて、
https://love-music-03s.blog.so-net.ne.jp/2018-11-07-1(記事の最初に。)

スカッとはしないんだけど、

どことなく、余韻の残る、そんな音楽。

それが、SUGARCULT(シュガーカルト)の音楽・・・だと思っていました。


が、


この3rdは、これまでのアルバムと方向性が違ったようなんです。

1st Start Static (2003年)
2nd Palm Trees and Power Lines (2004年)

のメジャーな曲と、3rdの「LIGHTS OUT」を比べてみます。

まず、1stより、STUCK IN AMERICA



2nd より、名曲と呼び声の高い Memory



で、ビートルズのまんまのカバーで、日本のCMにも起用された A Hard Day's Night




ここまで聴くと、やはり「グリーンデイ」や「SUM41」のようなパンクロックだな、と。
実際、グリーンディの前座をやっていたり、それなりに売れていた時期もあります。

が、3rdアルバムは、グランジに寄ったのでしょう。
で、売れていないから、公式がないので、
とりあえず、残っている音源で、用意しました。

3rd LIGHT OUT より

Dead Living
Los Angels
Out Of Phase
Riot










いや~、Out Of Phaseなんかは、ニルバーナの「Smells Like Teen Spirit」の入りにかなり似ていて、
グランジを意識したかな、と思ったり。

以前、記事にした「TNT」の流れを思い出します。
https://love-music-03s.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306176182-1


で、このアルバムでの評価は日本でも割れています。

「なんで変わったんだよ、元気なパンクをしてくれよ」という意見もあります。また、

「大人な感じで、成長を感じる、すっげーアルバムだ」
とも言われています。


僕は、このアルバムを先に買ったから、というのもありますが、

この「LIGHT OUT」の方が、彼らのスタイルが出ていい感じがします。

聴き飽きません。

あと、それまでの流れでは、グリーンデイもSUM41も越えられなかっただろう、と。


ただ、やはりアメリカでは売れなくて、この3rdが今のところ最終アルバムです。

解散はしていないようなんですね。

ガツンと、また現れる日を待ちましょうか。


Start Static

Start Static

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fearless Records
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD




Palm Trees & Power Lines

Palm Trees & Power Lines

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rykodisc UK
  • 発売日: 2008/01/13
  • メディア: CD





にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
SUGARCULT ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます