So-net無料ブログ作成
SCORPIONS ブログトップ

バラードメイカーのスコーピオンズで何が悪い! [SCORPIONS]

ハードロックのジャンルに「ジャーマンメタル」というものがあります。

文字のごとく、ドイツのバンドによるハードロック全般にかかる呼称のようなものですが、


僕の年代では、絶対的にジャーマンメタル=HELLOWEENのイメージが強く、

スピード感のある、メロディックロックで、やや軽快なものを「ジャーマンメタル」と認識していました。
https://love-music-03s.blog.so-net.ne.jp/2018-10-16-1(Helloweenに関して)


本来は、ヨーロッパの中でもドイツで、60年代から革新的なロック(プログレッシヴ・ロック)が多く出ていたための呼称であるようですが、

SCORPIONS(スコーピオンズ)は、1965年から活動を始め、解散騒動を経たものの、今現在も活動を続けている、ジャーマンメタルの雄と呼んでも過言ではないようです。


このアラフォーの僕にとっても、スコーピオンズは「古い」バンドであって、彼らのすべてを知り尽くしているわけではありません。

コアな方は、70年、80年の彼らをしっかりと聴き続けていて、その「良き」を知っている、

だから、僕なんかが知識で太刀打ちできるものではありません。


興味を持ち始めた「1990年もの」から聴き始めた、のですが、


聴き始めたきっかけが、ラジオで紹介された「Wind Of Change」で、

初めて買った彼らのアルバムが「Pure Instinct」というのが、

彼らへの認識を誤らせました。


「彼らは、素晴らしいバラードメイカーだ」と。

実際は、エッジの効いたロックも聴かせてくれる、正統派のロックバンドだったのですが。


ですが、彼らのバラードは、すごくきれいで、

日本で言うなら、小田和正、でしょうか。

声は、よく似ていますよ、クラウスのボーカルと小田さんのボーカルは。

だから、彼らの印象が僕の中で「バラードメイカー」になってしまいました。


まずは、Wind Of Change(1990年)でしょう。

東西ドイツがベルリンの壁の崩壊とともに統一し、冷戦の終結を象徴したことを受けて作られた曲。



この、きれいなバラードの路線で、アルバム「Pure Instinct」(1996年)は作られました。

なので、やたらとバラードが多い。ただ、どれも「良き」です。


Pure Instinct

Pure Instinct

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Friday Music
  • 発売日: 2009/10/06
  • メディア: CD



なぜか、コアなファンの間では評価が低いとされている、このアルバム。

「エッヂが足りない」とか。あのね、

これらの曲を聴いて、評価を低くする所以が全く理解できません。

5曲、聴いてみてください。

Wild Child
Does Anyone Know
When You Came Into My Life
Where The River Flows
Are You The One?











盛り上がる曲もあれば、このような素敵なバラードも歌いこなす。

だから、半世紀もの間、音楽活動を継続できる。

年代をこえて、感動できる。

ただただ感服しかないですね。




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
SCORPIONS ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます