So-net無料ブログ作成
in Flames ブログトップ

メロディックデスの至宝 インフレイムス / 自己完結、自己中心的らしい・・・ [in Flames]

更新頻度、下がりましたねー、


塾講師としての、受験期、で、


自分の人生の岐路、だからでしょう。メンタルが落ちています。。。


みなさんのブログにお邪魔する頻度も減ってしまいました。


ごめんなさい。


だ・か・ら・こそ、ここで「メロディックデス」を放り投げます笑


「IN FLAMES」インフレイムス

スウェーデン出身のメタルバンドです。もともとはデスメタルバンド、

デスボイスという、メロディを廃し、うなり叫ぶ歌唱法をで歌い上げる、

だから、デスメタル自体は、「メロディの旋律」の範疇にありません。

ですが、この「インフレイムス」は、このデスボイスを使いながら、美しい曲を作ろうとしました。



それが、如実に表れたのが、4thアルバム「Colony」コロニーからだと思っています。



COLONY / RE-ISSUE 2014

COLONY / RE-ISSUE 2014

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CENME
  • 発売日: 2019/02/19
  • メディア: CD



では、どんな曲なのか。聴いてみましょう。


1. Embody The Invisible(Live)




2. Ordinary Story




4. Colony





…とまぁ、このような感じです。

受け入れられる人には受け入れられる、雑音といえば、雑音になります。



ただ、僕は、このメロディの流れはさすがだと。

最初のライブの映像を観てもらえばわかりますが、

あれだけ、若者を熱狂させつつ、メロディの余韻を残す・・・並みのバンドでは、こうはいきません。



彼らは、実は、今は生粋の「デスメタル」のバンドではなくなりました。

6thアルバムの「Reroute to Remain」から、デスボイスを生かしつつも、

メロディラインを重視した、ハード・オルタナティヴへと路線を変更しています。

これは、このブログを作成する際に、僕自身が知ったことで、調べて聴いてみると、

これがなかなか良い!!



iTunesでの売り上げ順、そして、もうすぐ発売する「I, The Mask」から数曲、取り上げます。

デスボイスが苦手な方、バラードが好きな方は「☆」から聴いてみてください。

5th「Come Clearly」より、


Take This Life




Come Clarily




6th「Remote to Remain」より


Trigger




10th「Sounds of a Playground Fading」より


Deliver Us




Liberation ☆





で、2019年3月1日発売のアルバム「I, The Mask」からの先行配信、


I, The Mask




I Am Above




アルバムを出すたびに、MVでのアクセス数は増えていきます。

彼らの実力が認められている証、で、アメリカ進出が成功した証拠でもあります。

こんなロックもありますよ、と。





Come Clarity

Come Clarity

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ferret Records
  • 発売日: 2006/02/07
  • メディア: CD





サウンズ・オブ・ア・プレイグラウンド・フェイディング

サウンズ・オブ・ア・プレイグラウンド・フェイディング

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: (株)トゥルーパー・エンタテインメント
  • 発売日: 2014/09/10
  • メディア: CD





アイ、ザ・マスク【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

アイ、ザ・マスク【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

  • アーティスト: アンダース・フリーデン,ビョーン・イエロッテ,ニクラス・エンゲリン,ブライス・ポール,ターナー・ウェイン,ジョー・リカード
  • 出版社/メーカー: ワードレコーズ
  • 発売日: 2019/03/01
  • メディア: CD



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

続きを見る


nice!(97)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
in Flames ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます